外資系企業向け薬剤師求人ガイド

外資系企業への薬剤師としての転職をお考えなら

キャリアアップを目的に外資系の製薬会社や医療機器メーカーへ転職を考える薬剤師さんも多いのではないでしょうか?当サイトではそんな外資系の薬剤師転職に役立つ情報をまとめています。

外資系の薬剤師求人を探すならリクナビ薬剤師という転職エージェントが大変優秀です。非公開求人も豊富でもちろん外資系の転職先もしっかりカバーしています。オリコン顧客満足度ナンバー1の実績も心強いですね!

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
業界トップクラス、総求人数のなんと75%が一般公開されない非公開求人という転職エージェントです。外資系など好待遇の求人が紹介されている場合もあります。最短3日で転職が可能で、大幅収入アップの実績もあるので急いで転職したい人の強い味方になってくれるでしょう。どの都道府県でも100件以上の求人情報が存在します。最多の東京は5,000件近くの圧倒的な求人数で選択肢が広いです。多くの薬剤師に選ばれており、オリコン顧客満足度ナンバー1で新卒の方も、初めて利用の方でも安心して利用できます。

ファルマスタッフ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
高年収の仕事を探している方のために年収が600万円以上、時給なら4,000円以上の高収入求人が多数あります。新人薬剤師でも安心の求人サイトで、大手薬局日本調剤のノウハウを生かした研修などのサポートがあるのがうれしいところです。全国15ヵ所に営業所を展開しており、どこに住んでいても自分の条件にぴったりの求人が紹介してもらえるでしょう。外資系企業の採用担当者とのコミュニケーションもばっちりなのでストレスフリーに転職ができます。

薬キャリ 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
大手企業の求人だけでなく地域に密着した調剤薬局、ドラッグストアの求人も充実で働きやすさ重視の方にもオススメです。大手の外資系企業にも強いのが特徴で、決まり次第即終了というものも珍しくありません。働きやすさを優先する方のために土日祝日休み、残業無し、プライベート充実などのわがままな条件にも十分対応可能です。専任の担当者サポートに満足する薬剤師さんが多く、迅速な対応と充実のサポートで未経験者の転職も安心して行えます。

マイナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビ薬剤師主催の多数の相談会が開催中なので、だれでも参加できます。はじめての転職、出張転職、治験業界セミナーなど自分に合った相談会に参加可能です。個人面接の際に実際に担当者と会って話をすることで、自分のニーズに合った転職ができることでしょう。専門のキャリアアドバイザーが求人情報の読み方から、転職が終わって働き始めるまでしっかりサポートしてくれるので安心です。外資系企業への転職したいという方でも安心して利用できるのは、難しい面接日程の調整などもキャリアアドバイザーが代行してくれるという大きなメリットがあるからです。

薬剤師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
非公開求人の閲覧を含め、どんなサービスも完全無料となっています。1万人の薬剤師の転職サポートの実績は信頼の証です。ブランクのある働きたいママさん薬剤師が働きやすいように、託児所付き、年間休日126日、時短勤務可能などの求人が充実しています。外資系企業勤務の求人も期待できるでしょう。東証一部上場企業のグループ会社なので、安定の経営基盤があり、強固なネットワークを駆使して最良の求人を検索することができるでしょう。多数の非公開求人も用意されています!

外資系企業での薬剤師の求人事情は?

薬剤師が働ける場所はいくつかあります。そのひとつが「外資系企業」です。外資系製薬会社や外資系医療機器メーカー、CROなどの募集が多く、仕事内容は多岐に渡ります。給料は比較的高く、好条件の求人がほとんど。そのため、「年収1,000万円以上」の求人が目立ちます。一般的な薬剤師でこの年収は非常に好条件になりますが、外資系企業では当たり前の額です。なかには経験や能力を考慮し、さらに高い年収を用意している企業もあります。

ただ、外資系企業の求人はあまり見かけません。「こんなにも好条件なら転職したい!」という薬剤師も少なくないと思いますが、残念ながら一般の求人では公開されていないのが現状です。ですから、外資系企業で働きたい薬剤師は、非公開求人を探すのが一番でしょう。求人が少ない分、好条件のところがたくさんあります。

求人を探すときのポイントは、「求人情報を素早くキャッチする」こと。非公開求人とはいえ、応募者が多いため、いち早く求人情報をキャッチし応募しないことには、せっかくの求人を逃してしまう恐れがあるからです。そして、「アピールポイントをしっかり考えておく」「アピールできる能力をもっと高めておく」ことが大切。キャリアアップしたい薬剤師にとって、外資系企業は非常に人気があります。採用倍率を高めるためにも、抜きんでた能力を磨いておくようにしましょう。また外資系企業ということで、「語学力の有無」も求められます。求人先に見合った経験を積むことで採用倍率がグンと上がるでしょう。

ちなみに、先にも述べたように外資系企業は薬剤師求人に限らず「語学力の有無」が重要になります。一般企業の薬剤師であれば薬剤師の資格や経験があれば十分ですが、外資系企業は海外にも展開している企業ばかりですから、語学力は重視されます。ただ教育制度を設けている企業もありますから、語学力や経験がないと採用されない、難しいというわけではありません。しかし、転職などキャリアアップ目的で応募するのであれば、やはり語学力はあったほうが有利になるでしょう。企業によってはTOEIC点数が必要になる場合があります。

求人事情をまとめると、「さまざまな仕事がある」「収入は薬剤師の中ではトップレベル」「語学力が求められる」「フレックス勤務ができる」「アピールポイントが重視される」ということです。企業によって求める人材は異なります。いろんな求人を見て、比較しながら自分に合った企業を見つけましょう。

共済病院の薬剤師は忙しい?

外資系企業は、薬剤師求人の中でも人気があります。その理由は、外資系企業で働くことでいくつかのメリットを得られるからです。日本ではまだまだ国内の薬剤師求人が人気ですが、一部の求職者には注目されています。一体どんなメリットがあるのでしょうか?

一番のメリットは、“給料が良い”ことです。給料が良い求人を嫌う人はほとんどいません。外資系企業は、一般の薬剤師求人よりも給料が高く設定されており、薬剤師の中ではトップクラスと言われているほど。それくらい、給料が良いことで知られています。外資系企業は、薬剤師以外の求人を見ても比較的給料が高くなっています。それは、単純に“日本企業より給料が高く設定されていることが多い”ため。ほとんどの求人は年収1,000万円以上と書かれていますが、外資系企業にとって珍しくない額なのです。

では、給料以外ではどんなメリットがあるのでしょうか?実力主義な社風・フレックス勤務ができる・やりがいを感じやすいなどがあげられます。日本企業は昔から“年功序列”で年齢とともに昇給するところが多いですが、外資系企業は実力主義な社風がほとんどですから、若くても実力があればどんどん昇給できます。実際、若い人がトップで活躍している企業は少なくありません。そういったことから、若い人でも年齢を気にすることなくステップアップできるというメリットがあるのでしょう。もちろん、出世すれば給料も高くなります。フレックス勤務とは、総労働時間を決め、自由に出退勤の時間を決められるというもの。いわゆる自由勤務時間制のことで、海外ではこの制度を設けている企業ばかりです。日本でも、外資系企業はフレックス勤務ができるところが多いですから、ストレスフリーで働きやすいでしょう。

ちなみに、実力主義なので認められると高い地位に立つことができ昇給も期待できますが、そのぶんスピード降格も十分考えられます。しかしそれは常に上を目指すためのやりがいにも繋がりますから、常にスキルアップしたい方にはメリットになるでしょう。また女性が多い薬剤師でも、外資系企業なら平等に扱ってもらえます。実際、外資系企業で働いている女性で、男性より稼いでいる方はいますから、“女性だから…”という差別がないのはやはり有り難いことでしょう。

もちろん、外資系企業だからといってメリットばかりではありません。メリットだけを見て転職してしまうと、“働いてみると思っていたのと違った”となり兼ねません。そんなことのないように、外資系企業の薬剤師がどんなものなのか、デメリットはどうなのか?というのもきちんとチェックしておきましょう。


Copyright (C) 2018 外資系企業向け薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.