CRO(医薬品開発受託機関)の薬剤師求人

外資系企業の薬剤師転職TOP >> 業種別の薬剤師求人 >> CRO(医薬品開発受託機関)

CRO(医薬品開発受託機関)の薬剤師求人

CROとはContract Research Organizationの略で、医薬品開発受託機関のことをいいます。製薬会社と契約しており、各地の臨床試験やモニタリングなどを行うのが主な仕事です。外資系企業の薬剤師求人は、主に製薬会社や医療機器メーカーが多いですが、CROの求人も少なくありません。

薬剤師として働く場合、大きく2つの職種に分類されます。1つ目は、「CRA」。Clinical Research Associateの略で、治験モニタリングを行うのが主な仕事です。結果を回収・報告し、報告のために病院へ出向くこともあるでしょう。基本的に外回りの仕事が多くなります。2つ目は「DM」で、Data Managementの略になり、CRAが回収したデータを解析するのが主な仕事です。幅広い薬学知識が求められるため、薬剤師としての経験や能力が重視されるでしょう。CRAは営業的な仕事も行いますが、DMは事務作業がほとんどです。自身の経験・能力が問われることから、薬剤師としての知識をもっと高めたい方に適しているでしょう。

CROは、一般的な薬剤師のような業務は行いません。そのため、患者さんと接する機会がないため、調剤業務を行いたい薬剤師には不向きです。しかしコミュニケーション能力は問われないため、人と接するのが苦手な薬剤師でも働きやすい職種といえます。

では、年収はどうでしょうか?仕事を探すうえで、「収入面」は非常に重要です。大手CROの給与テーブルを見てみると、キャリア年数によって変動するようです。たとえばキャリア2〜3年の新入社員は年収450万円程度。平均的な薬剤師の年収になります。しかしキャリア3〜5年の中堅社員になると、年収520万円程度と増加します。それに加え外資系企業となると、もともと年収が高いと言われていますから、新入社員でも500万円前後の年収を受け取れる可能性もあります。外資系企業は「実力主義」ですから、キャリアが短くても実力を認められると多くの収入を得ることができます。これが日系企業になると年功序列ですからキャリアや年齢が重視されることになるでしょう。

CROは、「新しい分野にチャレンジしたい」「相手のキャリアを気にせず対応できる」「細かいデータ管理が得意」という方に適しています。外資系企業なので英語力も求められますが、どれくらいの英語力が重要になるかは企業によって異なるでしょう。直接問い合わせて事前確認しておくと安心です。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外資系企業向け薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.