外資系医療機器メーカーの薬剤師求人

外資系企業の薬剤師転職TOP >> 業種別の薬剤師求人 >> 外資系医療機器メーカー

外資系医療機器メーカーの薬剤師求人

医療機器メーカーとは、MRIやペースメーカーといった医療機器を製造・販売している会社です。包帯や注射器なども医療機器メーカーが製造・販売しています。そして、外国の資本が入っている医療機器メーカーのことを外資系医療機器メーカーと言います。高齢化が進んでいる今、医療機器の需要は非常に高くなっており、外資系医療機器メーカーもどんどん日本に参入してきました。薬剤師求人を見ても、外資系医療機器メーカーは増加傾向にあります。

そんな外資系医療機器メーカーの特徴は、“採用ニーズが高い”“未経験からでも転職できる”“BtoB・BtoCの部門を持つ医療機器メーカーがある”などが挙げられます。なぜ、採用ニーズが高いと言われているのかというと、先にも述べた“日本市場への参入が増えている”ことが関係しています。また医療機器メーカーは景気変動の影響を受けにくい傾向にあります。要するに常に成長している市場であるため、景気が悪くなり解雇されるリスクが低いということです。

そのうえ未経験でも転職できるのですから、応募者が多いのも納得でしょう。外資系企業というと、どうしても“英語ができなければ採用されない”“TOEIC〇点以上が必要”といった一定の条件が求められがちですが、医療機器メーカーは採用ニーズが高いため未経験でも十分採用してもらえる可能性が高いのです。もちろん、実績があれば採用倍率は上がりますから、入社当初から高収入になる可能性も考えられます。要するに、外資系企業の薬剤師求人でも、医療機器メーカーは非常に応募しやすい企業ということになります。スキルアップにはもってこいの企業と言えるでしょう。

BtoB・BtoCの部門を持った医療機器メーカーも存在します。もともと医療機器メーカーはBtoB(製造業)というイメージが強いなか、大手医薬機器メーカーのジョンソン・エンド・ジョンソンはBtoC向け(一般消費者が顧客)の製薬事業になります。外資系企業の医療機器メーカーはそういった企業も存在することから、BtoBだけでなくBtoC部門も持っていることで多様なキャリアプランを描くことができるようになります。

では、年収・給与はどうでしょうか?もともと外資系企業は日系企業の薬剤師より収入が良いと言われています。しかし実際は、職種によって異なるのが特徴です。また医療機器メーカーの規模によっても変わってくるでしょう。ちなみに、外資系医療機器メーカーのトップクラスは、先ほどのジョンソン・エンド・ジョンソンをはじめゼネラル・エレクトリック、メドトロニック、シーメンスなどが挙げられます。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外資系企業向け薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.