外資系企業の薬剤師の面接対策

外資系企業の薬剤師転職TOP >> 外資系企業の薬剤師転職情報 >> 面接対策

外資系企業の薬剤師の面接対策

外資系企業に転職を考えているのであれば、事前に面接対策を考えておくと安心です。まず、面接では「長所と短所」「前職を退職した理由」「志望動機」などの質問が多いでしょう。長所と短所では、短所の伝え方を工夫するのがポイントです。ただ短所を伝えるだけではマイナスだけが目立ってしまい、不採用になる可能性があります。長所では外資系企業の薬剤師として役に立つ点をあげます。たとえば、「自ら進んで行動を起こすことができる」「誰かの役に立つことが好き」など。積極性とホスピタリティを長所にあげることで非常にプラスになるでしょう。一方で短所は、積極性の反面、自己主張が強い傾向になるなどがベストです。そして、短所に対してどんな努力をしてきたか、というのも付け加えると良いでしょう。長所も短所も伝え方が重要です。外資系企業の薬剤師はより多くの人と接しますから、それぞれの会社に見合った長所・短所を考えることができれば良い印象を与えることができます。

転職であれば、「前の会社を辞めた理由」もやはり必ず聞かれる質問でしょう。退職理由で失敗してしまう方は少なくありません。ここでも、ネガティブな表現は避けてください。「スキルアップしたいと思った」「薬剤師としてもっと新しいことにチャレンジしたい」「持っているスキルを活かしたい」など、ポジティブな理由を伝えることでプラスになります。間違っても、人間関係の問題や給料が低い、やりがいを感じられなかったなどネガティブなことは言わないようにしましょう。外資系企業の薬剤師といってもいろんな求人がありますから、もしかしたら「自分のところには合わないかもしれない」「働いて合わなかったら辞めてしまうかもしれない」と思われてしまうからです。

最後に「志望動機」ですが、やはりこちらも面接対策で欠かせない質問のひとつになります。どの企業でも、必ず質問されますので、事前にしっかり対策を考えておくことでスムーズに話すことができます。単純に、「英語力を活かしたい」「インターナショナルな環境で薬剤師として活躍したいから」などでも構いません。外資系企業の薬剤師は、英語力があるだけでも重宝されますから、志望動機として挙げると注目してもらえるでしょう。たとえ英語が苦手でも、やる気が伝わる志望動機であれば採用される可能性があります。企業によって求める人材は違いますから、どんな企業でどんな人材を求めているか、というのも事前に確認しておくと面接のときでも安心です。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外資系企業向け薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.