外資系企業の薬剤師の志望動機・自己PR

外資系企業の薬剤師転職TOP >> 外資系企業の薬剤師転職情報 >> 志望動機・自己PR

外資系企業の薬剤師の志望動機・自己PR

働くうえで気になるのが“残業の有無”でしょう。同じ薬剤師でも、残業事情は職種によって異なります。まず残業の有無についてですが、外資系企業の薬剤師でも残業はあります。残業の頻度は、日本の企業に比べると少ないでしょう。日本の企業は薬剤師に限らず残業が多く、働きすぎている方がほとんど。逆に海外ではメリハリのある会社が多いですから、毎日残業に追われている…なんてことはありません。フレックス勤務が多いのも、海外の会社ならではです。そのため、外資系企業の薬剤師も残業は少ない傾向にあるでしょう。仕事に集中する時間と楽しむ時間のメリハリが付いており、フレックスタイムを設けている企業も多くあります。自由勤務だからこそ、ストレスを軽減して働くことができるでしょう。近年日本の薬剤師は減ってきているため、忙しく働いている薬剤師が増えつつあります。外資系企業の薬剤師はそういった心配がないので、安心して働くことができるでしょう。日本の企業のように“ダラダラ残業をする”“定時になってもだれも帰らないから気まずい”といったことも気にしなくて済みます。外資系企業は、薬剤師に限らずこういった雰囲気の企業が多いですから、自由に自分のペースで働きたいという方には適しています。

ただ日本の企業とはあまりに異なる点が多いため、同じ薬剤師でも違いに驚く方は少なくありません。海外の薬剤師に興味がある方やグローバルに働きたい方には良いですが、“給料が高い”“待遇が良い”“残業が少ない”という理由だけで転職してしまうと失敗する可能性があります。むしろ日本の企業で働いていたほうがラクだった…と感じる方もいるかもしれません。ですから、外資系企業の薬剤師への転職を考えている方は、ドライに考えられると楽しく働けるでしょう。

外資系企業の薬剤師は、成果重視です、成果を出すことができれば、残業がゼロになる可能性も十分考えられます。そして、どんどん仕事が楽しくなってくるでしょう。MRのように特に成果を重視する職種であれば、高収入を得ながらストレスフリーで働くことができます。薬剤師といった仕事は、どちらかというと理論的に考える方が多いといいます。外資系企業は合理的判断を重視しますから、意外にも薬剤師の方は働きやすいと感じる方が多いかもしれません。実際、外資系企業へ転職する方は増えていますから、ぜひスキルアップにチャレンジしてみてください。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外資系企業向け薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.