外資系企業の薬剤師のやりがい

外資系企業の薬剤師転職TOP >> 外資系企業の薬剤師転職情報 >> やりがい

外資系企業の薬剤師のやりがい

外資系企業は、ずばり“実力主義の社風”です。実力を認めてもらえるので、非常にやりがいを感じることができます。とはいえ、外資系企業の薬剤師といっても職種はさまざまです。多くは外資系製薬会社ですが、他にも医療機器メーカーやCROなどいろんな働き場所があります。多岐に渡るのが外資系企業の薬剤師ですが、どの職種でも“やりがいを感じられる”という方が多いと言われています。

実力主義の社風ですから、“一部の人しかできない”ということもありません。“若いからステップアップできない”ということもないでしょう。日本の企業の場合、年功序列の社風ですから、どうしてもある程度年数と経験を積む必要があります。若いときにステップアップし、先輩の上をいくことはできません。しかし、外資系企業はそういった決まりがありませんから、たとえ若くても、先輩を超えてステップアップすることができます。実際、若手で高い地位に立って働いている外資系企業の薬剤師は存在します。そういった理由から、やりがいを感じやすい方が多いのでしょう。日本の企業にもそれぞれ良いところがありますが、もっと自分のスキルを高めたい方、自由に無理なく働きたい方には外資系企業の薬剤師が適しているでしょう。

もちろん、薬剤師としての経験や能力があれば、転職当初から給料アップも期待できます。たとえばCROは、平均年収600万円前後と外資系企業の薬剤師の中では決して高いとはいえません。しかし、経験や能力がある方は1,000万円以上になるケースも少ないないでしょう。もちろん、実力を身につければ、600万円から一気に1,000万円以上になることも可能です。またMRのように“とにかく実力を重視”している職種であれば、成果をあげればすぐに給料アップが期待できます。もともと平均年収が高いMRですが、さらに高収入を得ることが可能です。

一番やりがいを実感しやすいのは、やはり給料です。新薬の開発で良い成果を出したとき、自分のスキルを活かせたとき、どんなときでも結果は給料に反映されます。それが分かりやすいのが外資系企業の薬剤師といえるでしょう。

ですから、薬剤師としてもっと上を目指したい方にはピッタリの企業といえます。「このまま同じところで働いていて良いのかな?」と現状に不満が多い方は、ぜひ外資系企業の薬剤師を目指してみて下さい。最近は外資系企業の薬剤師への転職も増えていますから、薬剤師にとってメリットが多いといえるでしょう。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外資系企業向け薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.