外資系企業の薬剤師の年収・給料

外資系企業の薬剤師転職TOP >> 外資系企業の薬剤師転職情報 >> 年収・給料

外資系企業の薬剤師の年収・給料

外資系薬剤師は給料が高いと言われています。とはいえ、外資系の仕事といってもさまざま。すべての仕事が必ずしも給料が高いとはいえません。しかし、一般企業の薬剤師に比べると断然給料は高く、転職する方が多いのでしょう。

もう少し詳しく年収・給与を見てみましょう。外資系企業の薬剤師は、製薬会社やCROなどが多く、給料が高いのがCROです。CROとは、「医療品開発業務受託機関」のことで、新薬の開発に携わることができます。治験モニタリングを行うのもCROの仕事のひとつです。CROにもいろんな職種があるのは知っていますか?そのため、給料の幅も広いでしょう。平均年収は600万円程度です。「外資系企業の薬剤師は給料が高い」と言われているのに対し、CROの平均年収を見ると決してそのようには思えません。未経験の1年目では450万円が相場になりますから、全体的に見ても外資系企業の中では給料は低いといえます。しかし、外資系企業は「実力主義の社風」ですから、実績を積み上げれば1,000万円以上の年収が期待できます。

製薬会社でDI業務を担当した薬剤師の場合、平均年収は360万円〜600万円程度。同じ製薬会社でも、MRになると550万円〜800万円と年収がグンとアップしますから、やはり外資系企業の薬剤師でも仕事内容によって大きく変動するといえるでしょう。ちなみに、DI業務とはDrug Informationのこと。日本では医薬品情報管理と言われており、製品の情報を集め、適切に分類し保管するのが主な業務になります。また新開発の医薬品情報や医療現場からの情報など、さまざまな情報を収集することになります。一方でMRは、製薬会社の営業や広報を担当します。薬剤師ではありますが、外回りの仕事がほとんどなので薬に携わることはほとんどありません。しかし営業手当などを受取れることから、DIより高収入になりやすいのでしょう。

このように、「外資系企業の薬剤師は給料が良い」と言われがちですが、「職種によって異なる」ことが分かりました。では、外資系企業でさらに給料を上げるにはどうしたら良いのでしょうか?ポイントは「駆け引き」になります。求人では最低金額を設定しているところが多いですから、もっと給料を高くしてもらうように駆け引きできれば、「良い給料」で働くことができるでしょう。そして、自分の高い市場価値を認めさせるようアピールできることも重要になります。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外資系企業向け薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.