アストラゼネカの薬剤師採用情報

外資系企業の薬剤師転職TOP >> 外資系人気企業の薬剤師採用情報 >> アストラゼネカ

アストラゼネカの薬剤師採用情報

    イギリスが本拠地になるアストラゼネカ。大手の製薬会社であり、日本ではグランフロント大阪に本社を構えています。がん、消化器、循環器など幅広い分野で医薬品開発を行っており、なかでも抗がん剤は国内第2位のシェアを誇っています。そのため、転職を希望する薬剤師も少なくないでしょう。

    アストラゼネカでは、新卒・キャリア・障がい者の採用を行っています。公式サイトの採用情報から確認できますが、詳細ページは英語サイトです。キャリア採用で募集している職種は、MR・マーケティング・学術・品質管理・CRAなど。応募するには、“製薬業界での実務経験”が求められます。また職種によっては理系が対象になりますので、事前に確認しておきましょう。外資系企業なので英語スキルは確実になければいけませんが、高いレベルでなければ採用されないということはありません。TOEICなら600点あれば採用されるでしょう。もちろん、英語スキルは高ければ高いほど採用倍率は上がりますので、有利になります。

    年収は、職種や経験、能力などによって異なります。全体の平均年収は815万円程度。成果が重視されるMRの場合、770万円程度と少し低めです。研究開発など専門知識が求められる職種になると930万円と高くなるでしょう。このように、薬剤師としてある程度経験を積んだ方のほうが年収が高くなりやすいということになります。またMRのように成果が重視される職種の場合、変動が大きい傾向にありますので、前年と年収に差が出る場合があるでしょう。アストラゼネカは、賞与・手当が充実しているのがメリットです。そのため、定額賞与と業績連動賞与が用意されており、それぞれ年2回と年1回。前者は月給2ヶ月分+α、後者は月給3ヶ月分+αになります。外資系企業は退職金制度がないのがネックですが、アストラゼネカは給与水準が製薬会社の中でも高レベルなので安心です。社宅や持家制度などもあり、安定した生活が期待できるのもアストラゼネカならではでしょう。

    また、ワークライフバランスも安定しています。職種によっては長時間勤務になる場合もありますが、日系企業のように遅くまで残業を強いられることはありません。土日もきちんと休めますし、仕事とプライベートのバランスが取りやすいのがメリットでしょう。日本ではまだまだ知名度の低い外資系企業製薬会社ではありますが、給料も安定しているので転職を考えている薬剤師にはおすすめです。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外資系企業向け薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.