グラクソ・スミスクラインの薬剤師採用情報

外資系企業の薬剤師転職TOP >> 外資系人気企業の薬剤師採用情報 >> グラクソ・スミスクライン

グラクソ・スミスクラインの薬剤師採用情報

    イギリスに本社があるグラクソ・スミスクラインは、世界でも第6位の売り上げを誇っており、製薬会社の中でも非常に有名です。日本ではあまり聞かないため知らない方が多いかもしれませんが、日本法人もあり商品名を聞くと知っている方が多いでしょう。もっとも有名な商品は、「コンタック」や「アクチビア」など。そういったこともあり、グラクソ・スミスクラインは150ヶ国以上で展開し生産施設も36ヶ国84ヶ所に保有しています。従業員の数も、外資系企業の中では多いと言えるでしょう。事業展開は「ワクチン」「コンシューマーヘルスケア」「医療用医薬品」の3つ。シュミテクトやポリデントといった日本でも名の知られた製品を数多く保有しており、求人も人気があります。

    採用情報を見ると、中途採用は頻繁に募集がかけられています。募集がかかるタイミングは職種によって異なりますが、主に多いのは研究開発・品質管理・生産管理・MR・マーケティングなど。他にも人事や法務、経営企画などの募集が行われることもあります。応募資格は、3年以上の実務経験が必要です。職種によっては5年以上、10年以上が求められることもあります。大手の製薬会社ということで、中途採用で求める人材は非常にレベルが高いことが分かります。また外資系企業ですから、英語スキル(TOEIC 650〜700程度)も重要です。グラクソ・スミスクラインは常に優秀な人材を求めていますから、日常会話がスムーズにできるくらいの英語スキルが必要になるでしょう。各職種の応募条件の難易度が高いですから、事前に確認しておくことをおすすめします。ちなみに、PMS部スタッフまたはマネージャーは「製造販売後の管理、実施、医薬品開発業務に3年以上携わったことがある」「薬機法やGPSP/GVPなどの知識がある」「薬学または理学系の大学を卒業している」。以上の3つをすべて満たさないと応募できません。

    平均年収は879万円で、専門職に転職した場合は940万円程度が平均になります。薬剤師の中では十分高い年収ですし、外資系企業の中でも低くはないでしょう。また業績賞与が大きいですから、頑張れば頑張ったぶんだけ変動します。特に成果が重視されるMRでは、十分な業績を残すと平均で月給7ヶ月分、最大10ヶ月分を支給してもらえます。

    薬剤師は女性が多いですが、グラクソ・スミスクラインは女性でも平等に扱ってもらえるので、十分な実績を出すことができます。育児支援制度も充実していますから、ママになっても安心して働ける企業と言えるでしょう。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外資系企業向け薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.