アイエヌシーの薬剤師採用情報

外資系企業の薬剤師転職TOP >> 外資系人気企業の薬剤師採用情報 >> アイエヌシー

アイエヌシーの薬剤師採用情報

    アイエヌシーはアメリカに本社を置く大手グローバルCROの一つです。世界の100ヶ国以上で事業を展開する大企業で、世界各国の医療施設や製薬会社から一緒に働きたい企業として名前が挙げられるほどの業績を上げている企業となっています。日本では東京の港区にオフィスを構えています。世界中から信頼されているアイエヌシーですが、薬剤師の求人は多いのでしょうか。

    アイエヌシーは大手のCROなので、当然主な業務は臨床開発試験ということになります。薬剤師が持つ専門的な知識が大いに活かされる分野です。調剤薬局や病院では用いることのない専門的な薬学の知識、さらに業務を始めてからさらに取り入れた知識をフル活用して臨床開発試験を行います。しかもただ臨床試験の知識を持っていれば良いというわけではなく、日本の薬事法、医療、文化、習慣などを考慮したうえでマーケティングをしていく必要があります。知識だけではなく臨機応変に対処できる適応能力なども必要になるでしょう。

    年収はというと、他の会社から転職した人であれば文句はないというくらい高いものです。 うれしいのは基本年俸を12分割した金額が毎月支払われるところでしょう。ボーナスなどが月収に左右されないため、安心して働き続けることができます。業界内でもトップクラスの年収に加えて在宅勤務も積極的に推進しており、ある程度自分のペースで仕事ができるというところも外資系らしいメリットです。年収は勤務年数などによりますが、およそ650万円から1,000万円程度です。さらに残業もそれほど多くなく、他の製薬会社と同じくらい、月に20時間程度です。残業代もしっかり出るので、社員にとってはモチベーションの維持につながります。福利厚生も他の企業と変わらず充実しており、退職金制度もこれからしっかりと整備されていく予定になっています。

    ではアイエヌシーの薬剤師の求人は多いのでしょうか。直接的に薬剤師が求められているわけではありませんが、多くの業種の求人情報がホームページの採用情報に掲載されています。CRAはもちろんのこと、プロジェクトマネージャー、セーフティーマネージャーなども募集されています。薬剤師の資格を持っているだけでなく、英語がある程度話せること、マーケティングの知識があることなども条件になります。これからアイエヌシーで働きたいという薬剤師の方は、こうした付加的な知識も取得するように努力すると良いかもしれません。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外資系企業向け薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.