ノバルティスの薬剤師採用情報

外資系企業の薬剤師転職TOP >> 外資系人気企業の薬剤師採用情報 >> ノバルティス

ノバルティスの薬剤師採用情報

    ノバルティスは、スイスに本社を置いている製薬会社です。大手製薬メーカーということもあり、知らない人はいないと言われているほど。そのため、スキルアップのためにノバルティスを選ぶ薬剤師は少なくありません。

    ノバルティスは、大きく3つの部門に分けられています。1つ目は「MR」。MRとはMedical Representativesの略になり、営業部門に所属しています。「薬剤師なのに営業?」と思われるかもしれませんが、自社の医療用医薬品を提供し、普及することが目的になるため高い薬学知識が求められます。薬剤師でなければ医療用医薬品を分かりやすく伝えることはできません。調剤業務を希望している方には不向きですが、薬剤師としてもっと幅広い経験をしたいという方にはピッタリでしょう。ノバルティスでは、学部不問で応募できます。

    2つ目は「臨床開発」です。こちらは理系(薬学部・農学・生物・理工学)が対象になります。そのため、文系は応募できません。臨床開発では、臨床試験で集めたデータをもとに、さまざまな新薬が誕生します。自身が経験した専門知識を十分に活かすことができるので、薬剤師としてのステップアップに役立つでしょう。

    3つ目は、「生産技術」です。いわゆる技術職と呼ばれる職種で、農学や生物、理学、化学などが対象になります。

    求人では3つの部門の募集が多く、それぞれ応募資格が異なります。MRは大卒またはMR認定資格保有者が対象。臨床開発や生産技術のように学部は問いませんが、MRとしての知識が十分にないと採用は難しくなります。しかし社風は日本の風土・気質に沿っていますので、日本人が働きやすい環境と言えるでしょう。循環器系に強いのもノバルティスの特徴のひとつです。年収は500万円〜900万円で、業績によって大きく変動しますから、実力が認められると高収入が期待できます。外資系企業の中では決して高額とはいえませんが、実力主義なところは外資系企業ならではです。臨床開発は、教育歴が重視されます。先にも述べましたが、理系が対象になるため文系卒では採用が難しいかもしれません。中途採用であれば、臨床開発経験があることも応募条件になります。TOEICも800点以上が求められるでしょう。年収は1,000万円〜1,800万円と高額で、業績に応じて変動し、賞与は年3回も用意されています。

    最後に生産技術です。勤務先は兵庫県の篠山工場です。製剤試験・規格の変更・文章管理などを行います。平均年収は800万円程度。薬剤師の中では高めになります。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外資系企業向け薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.