ロシュの薬剤師採用情報

外資系企業の薬剤師転職TOP >> 外資系人気企業の薬剤師採用情報 >> ロシュ

ロシュの薬剤師採用情報

    医薬品メーカーとして世界的に有名なロシュ・ダイアグノスティックス。ロシュといえば「バラス」や「セルシン」などの抗うつ剤で有名ですが、他にも診断薬や診断機器などの輸入や製造、販売なども行っています。

    求人は、新卒および中途採用が見られ、公式サイトにある採用情報ページにて確認することができます。時期によって募集内容は異なりますが、経営企画・新規事業開発、推進・人事・マーケティング・品質保証・薬事・製薬開発などが挙げられます。また医薬品メーカーに欠かせないMRの求人も募集しています。

    ロシュでは経験や能力が重視されるため、薬剤師としての実績が求められますから、転職を考えている方はある程度スキルを積んだ方が適しています。たとえば、マネージャー職になると10年以上の経験が必要になりますから、医薬品メーカーの求人の中では厳しいと考えておいてください。また外資系企業ということで、英語スキルも求められます。応募ページを見ても分かりますが、すべて英語で書かれています。理解できない方はロシュで働くことは難しいでしょう。

    では、年収はどうでしょうか?同じ医薬品メーカーでも、企業によって年収に大きく差が出ています。また「外資系企業は給料が高い」と言われていますが、それも企業によって異なるでしょう。ロシュの平均年収は880万円程度で、薬剤師の中では高めです。しかし外資系企業の中では決して高いとはいえません。業績によって高額になりやすいと言われているMRでも800万円〜850万円、研究開発は750万円〜800万円が平均年収になります。ただ賞与の変動がないため、給与は安定しているといえます。ちなみに、医薬品メーカーの場合、薬剤師やその他免許を持っている者には「特別手当」が付くことが多いですが、ロシュではそういった手当は付かないようです。

    残業は、MRで40〜60時間/月。あくまで平均ですので変動する場合があります。専門職になると20〜40時間と少なくなります。しかし毎日残業になることはありませんので、比較的ストレスフリーで働けるのではないでしょうか。基本的に、外資系企業の医薬品メーカーは、残業が少なめであることがメリットになっています。また「ノー残業デイ」というのもありますから、残業を一切しなくて良い日もあるでしょう。ただしMRは残業が多くなりがちですので覚えておいてください。

    外資系企業の薬剤師求人で安定を求めるならロシュがおすすめです。

外資系企業の薬剤師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2018 外資系企業向け薬剤師求人ガイド All Rights Reserved.